旅と出会いと*
旅した時の思い出をエッセイにして書き綴ります

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
寿司ネタ                 
前回の醤油事件から約5年後、24歳のあたしは、ロンドンの寿司屋でバイトをしていた。
場所はゾーン1のメイフィアという地区。駅で言えばグリーンパーク。沢山の店が並ぶオックスフォードストリートの南側で、ピカデリースクエアからも歩いて行ける中心地である。ここはヒルトンなどの高級ホテルも立ち並ぶ、少々高級なエリアだ。

寿司ネタもそれなりに高い。最低でも1.8(約450円)ポンド。5切れのさしみで4ポンド(約1000円)もした。ここにも色々なお客さんが来たが、みな金持ちなのは言うまでもない。そういう人達は寿司を食べなれているのか、当たり前のように箸で食べていた。驚くことに4ヶ月働いている間、フォークが欲しいと言われたのは、たった一度きりだった。

寿司を食べなれていない人はすぐに分かる。これは何だ?あれは何だ?とネタを聞いてくる。確かにみなれない生の魚、しかも切り身である。面白かったのは、卵さえも聞いてくること。なるほど、イギリスには日本では定番の「玉子焼き」も存在しないらしい。そういう時は「エッグ」か「エッグオムレツ」と答えると、上手く納得してもらえた。

それから枝豆。やはりおじ様に人気。食べ方は、指ではしっこをつかみ、皮ごと口でしゃぶる、そして口の中で豆を取り出し、皮は口から出して捨てる。私はあの短い毛の生えた、枝豆の皮は嫌いだから、手でぷちぷち中身を出して食べる。そういえば、日本のおじ様ってどんな風に食べていたっけ?日本じゃわざわざ観察したこと無かったなぁ。

さて、ダニエルのように醤油を飲む人はいるのだろうか、私はよくよく観察してみた。
日本人が飲まないだけで、もしかしたら外国人は、醤油を飲むのが好きなのかもしれない。しかし、バイト仲間に「味噌汁に醤油を入れていた人がいた」というのを一度聞いたが、醤油を飲み物にする人は見なかったし、聞かなかった。やはり醤油を飲むのはダニエルだけらしい。
: Sushi : comments(0) : trackbacks(0) : posted by のえる :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://rnnoel.jugem.cc/trackback/138
<< NEW : TOP : OLD>>